本物の価格戦略 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組みのビジネスモデル
顧客満足が売上向上に繋がる

本物の価格戦略

 公平な評価・格差・利益・価格・対応         HOME
イーヴェリービジネス企画 合資会社
 代表  伊藤 博之
 東京都練馬区練馬4-23-10 
 TEL&FAX: 03-5946-5373 
 e-mail: office@everybp.com
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

   本物の価格戦略   

企業は業者側の視点から目先の売上不振に対する対応策や販売ノウハウを志向するのではなく、顧客価値に応じた顧客視点に価値転換すべきです。生活者が必要としている商品を適正価格で販売すれば、生活者は十分納得出来ますし、満足します。生活者の皆様が心の底から満足・共感戴ける「本物の価格戦略とは何か」を考察します。

  1.本物の価格戦略

 1. 貴社の独自の強み(USP)は何ですか?

どの業界でも云える事ですが、ある分野のトップ企業には競合他社との差別化、競合店との競争を優位にする為にはそこに何かしらの他社には無い独自の強みがあるものです。
 この「独自の強み」一般的にUSP(Unique Selling Proposition)と呼ばれています。例えばブランド商品であったり、企業ブランドであったりする訳ですが、簡単に模倣ができない物もあります。それは永年の研究により培われたある分野の基礎研究であり、歴史により育まれた企業風土である企業ブランドである訳です。

 ここでお尋ねします。貴社の独自の強み(USP)は何ですか?
 商品が企業の思惑通り売れない時代にあって、他社との競合において差別化が可能なUSPがあると強力な武器になると共に大変有利に展開するでしょう。

現在貴社にこのUSPが無いのなら、競合戦略上独自の強みを作る様、是非とも努力してください。
特にその業界二番手以下の企業はトップメーカーが打ち出した素晴らしい企画・サービスや商品が大ヒットの予感がすると判断できるや柳の下のドジョウを狙い表面的に似た商品・サービスをすぐさま商品化するのが通例ですが・・・。

逆にUSPをお持ちならもっと有効活用できるよう更に工夫をすべきです。

 さてここに独自の仕組みである販売手法があります。
それは本サイトで提唱している「本物の価格戦略」新顧客本位FCPです。

 新顧客本位FCP価格とは「『商品の付加価値そのモノ』を代価とせず『顧客の利用実績つまり顧客優良度の顧客価値』に価値転換した顧客本位の販売価格」なのです。

 2.「本物」とは?

新顧客本位FCPにおいてどういう所が本物か考えてみたいと思います。

1.仕組みがシンプルである。
  顧客価値の格付に応じた個客別利用料金とした顧客本位な仕組みです。
  1)評価基準の開示で平生のお客から信頼・納得・共感・満足される仕組みである。
  2)顧客の一定期間の利用実績を基準に従い公平に評価し、優良な顧客の維持・育成が可能である。
  3)仕入原価は少し高めだが、適正な個客別価格の為、他店との過当競争を回避できる。

2.独自の公平な仕組みである。
  お客様の利用した利用日・頻度・金額の実績並びに支払方法・時期等利用条件から算定した格付に応じた手数料を戴く顧客に公平な仕組みである。
  1)商品(サービス)毎利益では無く、顧客毎の格付別利益により、適正なマージンである。
  2)顧客間の正当な格差として差異のある格付別手数料率を設定し、公平な個客別手数料である。
  3)仕入原価や手数料の内訳が透明で、当事者間及び顧客間で適正な個客別価格である。

3.適用範囲は万能である。
  どの業種・業態でも適用できる顧客化法と実績評価の組合せ万能な仕組みである。
  1)利用実績の分類集計の為のキーとしては個客別ID管理のみでよい。
  2)最初2回の価格連携により新規客の顧客化が可能な仕組みである。
  3)利用履歴の評価における特別優遇策による顧客の維持・育成効果も大きい。

4.導入によるデメリットが無い。
  どの業種・業態でも適正な個客別価格が多くのメリットをもたらす仕組みである。
  1)特売の仕入・在庫・展示等対応が無い為、平生の商売により需要が平滑化となり、各人の業務に専念できる。
  2)公平な個客別利用価格で顧客は納得できる為、高いロイヤルティ客の囲い込みで競合店とは共生関係となる。
  3)予約と言う位置付けの計画購入を優遇する事により、恒常的に今月客を確保できる。

5.初期・運用費用共廉く経済的である。
  情報分析が不要の運用維持が楽な実績を基に構築する仕組みの為、C/Pが良い。
  1)仕組みがシンプルの為、初期開発・インフラ導入費用が廉く運用保守費用も経済的である。
  2)マーケティングの情報分析や個客別対応が不要の為、運用維持に手間がかからない。
  3)不確実な販促策より確実な利用実績を重視の単純な仕組みにより、顧客維持工数が少なくコストが廉い。

6.既存システムとの親和性が高い。
  既存システムの有効利用による効率化が図れる。
  1)既存D/Bとの融合が可能である。
  2)資源(D/B、アプリ)の有効活用が可能である。
  3)システムの具現化が容易である。


 上記の本物の要素が顧客満足を最大化出来る個客別価格です。

 
新顧客本位FCP価格
本物の意味 ねらい 条 件
1.仕組みがシンプル 顧客満足 実績の公平な評価
2.独自の仕組み 内訳が透明 適正な個客別価格
3.適用範囲は万能 新規客の顧客化 最初2回の価格連携
4.デメリットが無い 需要の平滑化 平生の商売
5.コストが廉い 情報分析が不要 販促策は不要
6.親和性が高い 具現化が容易 格付ロジックの組込



 3.本物の価格戦略

この新顧客本位FCPは「商品毎のマージンを固定せず顧客の利用実績に応じた個客別価格で販売する」という具体的で顧客に大変分かり易く、満足・共感して戴け、業者及び顧客の当事者間に公平な仕組みです。

★仮説 次の5つの公平な視点を満足すれば売上向上に繋がる

 1. 実績の評価 --- 顧客の一定期間の利用実績を基準に従い評価し、顧客優良度として格付する。
 2. 公平な格差 --- 顧客間の正当な格差として差異のある格付別手数料率を設定する。
 3. 適正な利益 --- 適正な格付別利益とし、商品(サービス)毎利益ではなく、個客毎手数料とする。
 4. 個客別価格 --- 価格の内訳が透明で、当事者間及び顧客間で適正な個客別価格とする。
 5. 格付別対応 --- 顧客の声を生かす仕組み格付別の公平な対応で、離反率の少ない顧客を創造する。

 新顧客本位FCP価格とは「『商品の付加価値そのモノ』を代価とせず『顧客の利用実績つまり顧客優良度の顧客価値』に価値転換した顧客本位の販売価格」なのです。

さて新顧客本位FCP

1.「過当競争の回避策」という皆様の課題
2.「公平な格差がない」という顧客の不満

を分析・考察の結果、

ここ重要!!
「普段地道に利用する顧客を優遇する仕組み」こそが『要点』であり、
「 顧客の利用実績を『正当に』評価し、次回の個客価格に反映する」事が
「『顧客満足を叶え、購買意欲の向上』となり、延いては『ロイヤル顧客の創造』」に繋がる

事と帰結しました。

 販売促進策ではないベーシックな仕組みである新商品価格設定方式の「平生の商売」こそが「本物の顧客満足を叶える」 ビジネスモデルとして小売業・流通業界の皆様の共感を得ることと自信を持って推奨します。


Value-Created on your business.
イーヴェリービジネス企画 合資会社
東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
お問合せは こちら
顧客満足の価格戦略TOP