リンクしない原因? 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組みのビジネスモデル
顧客満足が売上向上に繋がる
顧客に公平とは?      価値創造支援サイト
1.貴方は平等派公平派平等と公平どちらを支持ですか?
2.リンクしない原因?売上向上に繋がらない原因は?
3.売上向上への実現手法公平な評価・格差・利益・価格・対応
4.買いたくなる仕組み自発的に買いたくなる仕組みとは?

リンクしない原因?

   イーヴェリービジネス企画 合資会社   HOME
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

 貴方は平等派公平派 ←  2.リンクしない原因? → 売上向上への実現手法

「売上に繋がらない部分でいくらロイヤルティや顧客満足度を高めても無駄である。CSは企業理念・経営理念としてイメージ・概念である。」
 これが一般的なCSに対する見方だと思います。今まで世界の企業がこの「顧客満足と売上向上」についてある視点から十二分にアプローチしたと考えます。その結果が先の結論だった訳です。

ある視点とはつまり業者本位の考え方に依るものです。本サイトでは顧客視点から「本物の顧客満足を叶えれば売上は向上する」という仮説を検証してみたいと思います。

 

  1.リンクしない原因?

 1.売上向上に繋がらない原因は?

それでは「顧客満足を高めても売上向上に繋がらない」この原因を考えて見ましょう。

   分析フロー
 課題 何故リピート客とはならず売上向上に繋がらないのか?

             

   1.目玉商品が廉くても通常商品の価格が高い為、更なる利用はない

             

   2.担当者の商品知識が豊富でも購買の意欲が湧かない為、更なる利用はない

             

   3.商品の品揃えに満足でも一律販売価格に不満足な為、更にリピートがない

             

   4.高い表示価格で大幅な値引きに店舗を信頼できない為、更なる利用はない

             

   5.店舗の雰囲気に満足でも買いたくなる仕組みでない為、更にリピートがない

             

   6.平生にいくら利用しても実績の公平な評価がない為、更にリピートがない

             

   7.平生にいくら利用しても一般顧客との価格差がない為、更なる利用はない

             

   8.接客対応面で満足しても利用実績の公平な評価がない為、更なる利用はない

             

 原因? 顧客毎の利用実績の公平な評価価格への公平な格差がない

 上記分析のように顧客に対する接客サービス面や対応でいくら満足していても、顧客に対する利用実績の公平な評価及び顧客間における販売価格の公平な格差がなければ店舗に対する満足はなく、信頼感が無いからリピートしないのです。
結局「顧客に公平な価格設定がなされていないのが第一の原因ではないか?」という結論に達しました。

 

 2.販売価格に公平な格差がないを検証

それでは夫々の過程に根本原因の「販売価格に公平な格差がない」を挿入して検証してみましょう。

   検証フロー
 課題 何故リピート客とはならず売上向上に繋がらないのか?

           

   1.通常商品の価格が高くても顧客毎の価格に公平な格差がない為、更なる利用はない
             →顧客毎の価格に公平な格差があれば通常商品をもっと購買するのに!
           

   2.担当者の商品知識が豊富でも顧客毎の価格に公平な格差がない為、購買の意欲が湧かない
             →顧客毎の価格に公平な格差があれば購買意欲がもっと向上するのに!
           

   3.商品の品揃えに満足でも顧客毎の価格に公平な格差がない為、一律販売価格に不満足
             →顧客毎の価格に公平な格差があれば販売価格に満足するのに!
           

   4.高い表示価格で大幅な値引きでも、顧客毎の価格に公平な格差がない為、更なる利用はない
             →顧客毎の価格に公平な格差があれば値引きをする必要がないのに!
           

   5.店舗の雰囲気に満足でも顧客毎の価格に公平な格差がない為、買いたくなる仕組みでない
             →顧客毎の価格に公平な格差があれば自発的に買いたくなるのに!
           

   6.平生にいくら利用しても実績の公平な評価がない為、更にリピートがない
             →顧客毎の利用実績の公平な評価があれば平生の利用がもっと増えるのに!
           

   7.平生にいくら利用しても一般顧客との価格に公平な格差がない為、更なる利用はない
             →顧客毎の価格に公平な格差があれば平生の利用がもっと増えるのに!
           

   8.接客対応面で満足しても利用実績の公平な評価がない為、更なる利用はない
             →利用実績の公平な評価があれば顧客は満足しリピートが増えるのに!
           

 原因 顧客毎の利用実績の公平な評価価格への公平な格差がない

 これをヒントとして「顧客満足が売上向上に繋がる」にはどうすればよいか?

 

 3.顧客満足が売上向上に繋がるの考察

今企業に問われているのは、「売上向上に繋がる販促策ではなく、如何にすれば顧客の信頼を勝ち得ることができるか?」と言う事です。
顧客に信頼されると自ずと売上が向上すると考えられるからです。

つまり「顧客を公平に評価する事が顧客満足の要であり、顧客に納得・共感を得られるもの」なのです。

それでは「顧客に公平」とは具体的にどうすればよいのかを考えて見ましょう。
商品毎の一律価格ではなく顧客別に利用実績を加味した個別価格にすればどうでしょうか?

   考察フロー
 仮説 個客別の価格設定になれば売上向上に繋がるか?

             

   1.利用実績が次回の価格に反映する公平な仕組みに顧客は満足

             

   2.低手数料にする為に、利用実績を作るべく自発的に買いたくなる

             

   3.利用するなら更なる格付アップが期待できる同一店舗を利用

             

 想定結果 リピート客が増加し、売上が向上する


格付に公平な価格設定をする新顧客本位FCPを採用すれば、顧客の利用実績を公平に反映する仕組みに満足し、支払いの手数料を少なくしようと自発的に同一店舗を利用しようとする為、リピート客による売上向上に繋がります。

 それでは「顧客に公平」を原点として、顧客の視点からのまず「顧客満足の実現手法」から考えてみたいと思います。

貴方は平等派公平派 ←  → 売上向上への実現手法


Value-Created on your business.
イーヴェリービジネス企画 合資会社
東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
お問合せは こちら
顧客満足の価格戦略TOP