解決へのヒント 顧客の本音 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組み
顧客側から見た Value-Created on your business.
顧客の本音      価値創造支援サイト
1.商売の疑問点常態的販促策は浮動客を創造
2.解決のヒント顧客の心を掴む為のポイント
3.顧客の本音必要品を・時・量・適正価格で

解決へのヒント

   イーヴェリービジネス企画 合資会社   HOME
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

商売の疑問点 ←  2.顧客側から見た解決へのヒント  → 顧客の本音

次に解決へのヒントについて考察します。夫々現状を更に掘り下げれば、真の意味が把握でき、貴店の経営の方向を見据えれば、今後の売上向上の対応策として「解決へのヒント」が見えてくるでしょう。

  1.不公平です─→業者本位は常識ですが、現状のままでは顧客の心を掴めません。

上記の業者本位のままでは常識的な考えですが、それでは顧客の真の心を掴めません。

1.ライフサイクル価格─→顧客単位に価格付けをすれば!

夫々のライフサイクル価格は商品毎に賞味期限を考えれば当然の仕組みですが、顧客単位に考えれば全然展開が異なってきます。

2.過去の利用実績を反映すれば─→浮動客から固定客へ

貴店は顧客の利用実績をデータ分析し、販促に活用していると思いますが、顧客の販売価格には反映していません。店舗の売上向上を考えるなら、現状の販売価格は商品単位ですが、顧客単位に反映をするような「発想の転換」が必要だと思います。

3.今回の利用条件を反映すれば─→浮動客から固定客へ

現状は商品毎の販売価格の合計ですが、顧客毎基準の販売合計額へ反映する発想の転換を!

4.値引交渉─→正当な評価すれば交渉は不要です

交渉で価格が決定する不公平な要素を排除し、公平な格差と成るような仕組みが求められています。従来の当事者間での交渉ならまだしも、現在はIT利用の価格情報も容易に取得できる事からお互いが自分の都合がいい様に段々巧妙となり、一般的な商取引慣行の改善も見直す時期に来たのではないでしょうか?


  2.情報開示がありません─→他社に手の内は見せられません。

開示しないのは競争上、仕方ない事ですが、貴方は誰と利益を公平に分配出来ますか?

1.適正なマージンですか─→勿論トータル価格も適正ですか?

貴方の商売は業者側を向いてますか、それとも顧客側ですか?
「顧客満足」を謳って顧客側を見ているのなら、顧客が解るような表示にすべきではないでしょうか?

2.仕入元が判りません─→仕入元がわかれば貴店の信用向上と成ります

仕入元の開示があれば、貴店の信用も徐々に育成されます。
信頼感が育成されれば、固定客も自ずと増えます。

3.当事者間での秘密です─→情報の一部でも開示すれば

1.販売条件等基準が明確であれば顧客からは分かりやすいです
  2.開示をしても過当競争にならない方法の工夫を

等世の中の趨勢は情報開示の方向に移行しつつあり、又これからは説明責任が当たり前の為、旧態依然とした取引対応では取り残されるのではないでしょうか。
当事者には手の内を見せても他社との競争を回避出来るような方法が求められます。


  3.販売促進策─→常態的な販促策は益々収益性が悪化します。

今後常態的販促策を続けるなら、選択と集中をしない限り、収益性が徐々に悪化すると考えられます。

1.値引・特売品セール・折込ちらし─→益々競争がエスカレートします

常態的販促策はメリットが徐々に無くなります。消費者に対するインパクトも少ないです。
一方運用経費は着実に掛かる様になり、収益性が悪化の一途を辿る事になります。

2.ポイント・カード・システム─→現時点で最強のビジネス支援モデルです

1.購入実績の分析により顧客をお奨めセール等の販促に誘導出来ます。
  2.このポイントのお預けにより、次回以降の来店に誘導できます。
  3.ポイント分の一時預かり金合計を旨く運用すれば運用益が可能です。
  4.有効期限切れポイント額*1もバカに出来ない額となります。  *1---業種により異なるが約30〜40%

顧客に対し数字のトリックを利用で少し後ろめたい所があり、現時点ではいい事尽くめのポイントカードですが、競合店も導入すれば元の木阿弥です。

3.ワン・ツー・ワン・マーケティング─→「これで決まり」という雰囲気ですが!

どの顧客が更に幾ら購買してくれるか?この不確実な見込み購買予測を的確に予測する事は容易な事ではありませんし、利用する毎にタイムリーなサンキュウレターを出しても若干の店舗に対する信頼性が向上するだけで根本的に顧客の心を掌握できるものではありません。販促策は目の付け所が違っております。


以上「顧客側から見た解決へのヒント」について考察に着手しましたが如何でしょうか?
貴店の商売繁盛のヒントの切っ掛けとして役立てば幸いです。
とは云うものの実際に「情報の開示」は困難みたいですね!

商売の疑問点 ←    → 顧客の本音


Value-Created on your business.
イーヴェリービジネス企画 合資会社
東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
お問合せは こちら
顧客満足の価格戦略TOP