固定客の育成 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組みのビジネスモデル

固定客の育成

ホンモノの商売繁盛

1.顧客満足を叶える仕組みで固定客の育成

顧客は店舗をよく利用する事で、公平に評価され格付へ反映され、手数料率が逓減する事で、顧客満足が叶う店舗にリピートし固定客となります。

2.実績の正当な評価・格付による個客別価格で過当競争回避

新顧客本位FCP(顧客の利用実績を店舗基準に則り公平に評価した格付)による個客別販売価格の為、業者販売価格(メーカー希望小売価格と購入時の値引きによる個別価格の二重販売価格)ではなく、販売価格設定基準が異なる業者本位の他店舗との価格競争とはなりません。

3.価格内訳等情報開示でお客の心を掴み店舗への信頼感増加

利用時には個客毎の利用明細(格付手数料率・額、商品原価等)を表示する事により、支払の内訳を確認できる為、個客別販売価格で納得して購入でき、店舗への信頼感が増加します。又、顧客の率直なクレーム・忌憚のない意見・要望を聞く事により、顧客の信頼感が増し、MY店舗への信頼が向上します。

4.平生のお客を優遇する仕組みが顧客の再訪問を促進

常態的販促策では無く、実店舗では個客のライフスタイルに合った利用パターンで利用可能のため、平生のお客を優遇する新顧客本位FCPの仕組みに共感でき、商品価格を気にせず素直にリピートする事になります。

5.MY店舗として個客別価格で顧客購買代行(エージェント・ハブ)

顧客は少しでも商品を廉く購買する為に自ずと業種毎に利用店舗が固定化し、MY店舗として利用する事になります。その結果顧客の要望に応えるためには、系列の特定メーカーに固執するのではなく、他のメーカーの商品も顧客のニーズに合わせて個客別価格で取り寄せる事になり、顧客の利便性が良くなります。

6.顧客購買代行として受注販売の為不良在庫の無くコスト逓減

商品を低価格で販売するため大量仕入のプッシュ方式では無く、プル型の買回り品の場合は購買代行により系列外のメーカーからも取寄せ購買する事で、当用仕入・受注発注により、不良在庫が無くコスト逓減となり、又大量仕入の為の運転資金繰りの工面も必要なく、健全な運用が可能です。

7.旬の商品(食材・服飾・新製品)を個客別販売価格で購入可能

旬の食材・流行の衣料品や家電の新製品を旬のタイミングで、リーズナブルな個客別価格で利用できます。特にプル型の家電の新製品は業者価格では無く個別価格のため、様子見も無く出荷と同時に売れる為、商品の需要バロメーターとしても判断できます。


Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

イーヴェリービジネス企画 合資会社 顧客満足の価格戦略TOP