地域社会は 採用後の展開 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組み
誰も見えない Value-Created on your business.
採用後の展開    価値創造支援サイト
1.店舗の運営はロイヤルティ顧客の創造が期待できます
2.NetShop運営他店との「価格競争」はありません
3.顧客の生活は顧客のライフスタイルはどのように
4.製造メーカーは製造メーカーの商取引慣行は
5.地域社会は共生により活気ある地域に

地域社会は

   イーヴェリービジネス企画 合資会社   HOME
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

製造メーカーは   ←   5.地域社会は                 

過当競争は市場において何の益にもなりません。業者・製造メーカー共そこには空しさだけが残ります。

  1.過当競争から共生社会へ

 1.店舗の共生

ホンモノの顧客本位では個別価格になります。同一商品と言えども近隣の競合店と値段の比較ができません。
業者本位の他店は商品毎の販売価格であり、新顧客本位FCPのこちらは世界唯一の個客別販売価格です。
利用当初は少し高い価格ですが顧客の利用実績に応じ格付され、徐々に手数料率が低くなり、その内購入対象商品で平均的に個客別価格の方が他店の一般販売価格より廉くなります。一般小売店と導入店を比較すると一般商品(非特売品)の利用価格の累計では導入店の方が少なくなります。

つまり導入のMY店舗で顧客の必要とする商品を顧客自身の努力により平均すると買得であったということです。当然利用頻度・利用累計額が少ない場合はそれなりに顧客手数料率も下がりませんから個客別販売価格と言えども高い購入価格になります。だから利用実績を公平に評価しますのでシステムに対する信頼感が深まり、MY店舗に顧客自身が共感を覚える為、ランクアップする程、ロイヤルティの高い固定客が徐々に生まれることになります。

ここで疑問が出てくると思います。

それは他店でも新顧客本位FCPを導入した場合はどうなるかということです。

結論から言いますとそれぞれの店舗でそれぞれの固定客となり、顧客の取り合いとはならず(ここ大事です)、ロイヤル顧客が育成され棲み分けができます。つまり店舗の共生が出来る事になります。

従来の業者本位では商品の販売価格の廉さが購入基準でしたが、新顧客本位FCPでは顧客のMY店舗における利用実績による顧客価値で購入価格が決定しますから他店でこの方式を導入されても問題なく、従来のような過当競争にはならずに共生が可能な訳です。

 2.顧客との共生

さてこの新顧客本位FCPは小売業・サービス業等店舗と顧客との共生を志向しております。これはこの販売価格の内訳の構成がプラス方式である事を見て戴くと一目瞭然です。

現行の業者本位では販売価格は二重価格が一般的です。つまり建前のメーカー希望小売価格の一律価格から値引きによる本音の個客別価格で販売されております。これは建値の商品販売価格からマイナス方式である顧客と店員との値引交渉により値引が多ければ顧客が得をし、店舗の利益が少なくなり収益が悪くなり、又その逆に値引が少なければ顧客が損をし、店舗の利益が増え収益が良くなります。結局、商品毎のマージンを顧客と店舗で取り合いをしている事になります。

一方新顧客本位FCPは顧客の販売価格の構成基準が明確である為、顧客と店員との間で交渉が不要であります。つまり当該店舗における顧客の過去の利用実績を元に格付により手数料率が決まりますので公平であります。
店舗と顧客間で利益の取り合いがありませんから、現行の様な値引応対・上司との調整に余分なパワーを使うことなく顧客へのアドバイザーとして接客できる為、顧客からの信頼感も高まります。

 3.低いロイヤルティから高いロイヤルティへ

複数店舗の会員となるポイント・カード・システムのように「低いロイヤルティの顧客」ではなく、新顧客本位FCPでは必然的に「高い忠誠度のロイヤル顧客」を育てます。

つまり一旦店舗の常連客になると余程の事が無い限り、当該店舗から離反する事はありません。
それは仕組み自体が大変公平だからです。過去の利用実績で「格付」され、次回の支払の基準としてそのランクに位置付けしてくれますから、無条件にMY店舗を利用する事になり中々他店舗への浮気しようとは思わせない仕組みである事が判ります。

この仕組みが一般的に普及する事により、低い共生社会から高い共生社会へ徐々に移行する事になります。

 ここで新規顧客の場合の会員店舗選択条件は同一業種店舗が近隣にある環境においてはその店舗の特徴により何とも言えません。と言うのは結局、本仕組みの良さが理解できた顧客は他店への浮気はほぼありませんが新規顧客の場合は2点選択の要素があります。
1点目は店舗の環境です。

「利用するに当たり顧客にとって立地条件がよい」とか
「店舗の雰囲気がよい」とか
「品揃えがよい」(これは取寄せにより改善可能な為、余り選定ポイントにはならないと思いますが)

等により、最終的にはどうしても店舗選定条件で選択する事になり、結果活気のある店舗が選択される事になります。
これは「繁盛する店舗の条件が第一要素である」と言う事で当然ですよね!

もう1点は店舗の経営ポリシーです。

つまり
「どこまで顧客に情報を開示しているかの開示条件」とか
「店舗と顧客との公平性」とか
「新規見込み客の顧客への定着化を如何に円滑にできるか?」

等という点です。特に新規見込み客の場合は当初、一般会員のエントリーの格付である為、購入価格が割高になってしまう事です。その為、各採用店舗の考え方によりますが、新規入会顧客に限ってのキャンペーン等工夫が必要と考えます。これにより当該店舗を選択されても、新規見込み客の顧客化が図れなければ意味がありません。幸いにも利用実績の公平な評価という仕組みを旨く利用する事により顧客化は円滑に行くと考えます。

 4.店舗の自立

従来の小売業はメーカー系列の店舗がかなりありましたが、ディスカウンターや大手量販店の台頭により系列店舗での販売依存度も年々に少なくなっております。
一方カーディーラーのように商品が高額な場合系列店が今も健在な業界も存在します。

例えばカーアドバイザーといえば現在は余り注目されていませんが、顧客が車検時に新車種に乗換えを検討時現状では一部の通販の業態を除き、全メーカーを横断的な業者がいない為、顧客が個別に各メーカーのディーラーに合見積を取って選定している訳です。

顧客の視点に立った顧客本位では従来の縦の系列からメーカー横断的な横の全メーカーディーラーとの取引をする新しい形態の店舗が生まれ、顧客のニーズを十分訊いた上でのアドバイザーとして各メーカーからの推奨グレードをピックアップし、実際の試乗・選定作業の手伝い(カーディーラーへの手配)をすることになります。

現在は購入価格も各社値引交渉で決定まで数日〜数週間掛かっているようですが、商品別に仕入(卸)価格さえ分かれば顧客の格付手数料率により、一意の手数料がそれぞれ決まる為、価格交渉は無く、試乗による性能・乗り心地・雰囲気等に加え販売価格により顧客の車種選定が短期間に決定し、購買代行という形で該当ディーラーへ発注される事になります。但し顧客の格付管理期間は通常の業種・業態の1年とは違い、最大級の7〜8年となりますが。

 5.MY店舗

このように顧客が固定化することによりMY店舗として貴店での購入が当たり前となり、品切れの商品があれば、至急に必要な場合は他店で購入するものの、それ以外は、同店舗で取り寄せる事となり、「商品が入荷すればメール・電話等連絡手段で顧客に連絡する」という利用形態に変わります。

顧客も納品までのリードタイムを考慮して事前のリスト注文する事になります。これも利用すればする程、格付がアップする為です。店舗も顧客の購入実績商品が小ロットとして無くなる頃には御用聞き等取寄せて品揃えする配慮が求められます。
これらに対応するにはメーカー・卸の物流センターと小売の物流センター間の在庫管理・補充がSCMで行われ、小売物流センターと店舗間ではジャストインタイム(JIT)補充で運用する事になります。

 又現状では仕入価格を低く抑え低価格で販売したいが為、大量仕入をし、需要の見込み予測の甘さから売上不振により大量在庫を抱えて不良化していた業態も、顧客購買代行の顧客の需要に応えた顧客が今必要としている行き先確定の商品を仕入れる当用仕入に仕入形態が変わります。

つまり仕入元に対し販売先が未定ではなく、納品先の決まった商品を仕入れる事になります。これは商取引における仕入原価及び顧客別手数料つまり出入状況を隠し隔てなく公の場で明確であり、公正な取引を表している事になります。従来小売業においては自社の在庫状況をメーカーに対し正確に知られたくないと言う様な変な風潮がありましたが、不良在庫の返品も無く、顧客購買代行的販売により商取引慣行の改善に一歩踏み込める仕組みにもなります。

 6.平生の商売の復活とは!!!

さて現在、烏山商店会のように一部を除いて全国的に商店街は元気がありません。
 大規模量販店とディスカウンターとの狭間にあって苦戦を強いられているのが現状です。

 平生の商売に重点を置く販売方法を復活させ、サポートする新顧客本位FCPにより、需要の平滑化という地域の活性化に繋がる効果を誘発し、低価格至上主義から実績評価主義への移行に伴い、大量仕入から受注(当用)仕入が現在の顧客の意向にあった需要の店舗運営にマッチしており、適正在庫が何より健全な店舗運営に必須である事がお分かり戴ける事と思います。

 これらは販促策の無い平生の商売の復活により店舗の活性化を図るのみならず、延いては商店街やインターネットモールについても同様の効果が期待できます。

 7.FCP良循環図

下記にFCP導入店舗が普及すれば、地域も利用客の増加により活性化の良循環が期待できます。
FCP良循環図 新顧客本位FCP導入店舗は次の要素

 1. 当月リピート(再購買)率
 2. 顧客数(当月リピート客+新規客)
 3. 顧客単価(一回の利用額)

の増加で売上高も増加します。尚、FCP売上向上の仕組みは売上向上の仕組みの詳細を参照下さい。

 まずFCP導入店舗の普及により、取引メーカーも徐々に活況となりますから適正な利益で売上が向上します。勿論個人需要が増加することにより設備投資で、生産設備強化となれば再雇用も期待できます。これにより個人消費の増加も期待でき、需要増加の良循環となります。
このようにFCP導入店舗が普及すれば競合店舗間も共生で利用客の活況で商店街も賑わい、徐々に需要も回復し各店舗・企業の収益性も回復すれば、地域の税収増加が期待できます。

新顧客本位FCPの普及により平生の利用客を公平に評価することにより、地域の店舗・企業が活況化し地域も活性化の良循環が期待できます。

 8.着眼点

普段地道に利用する顧客を公正に評価する事が地域を取り巻く共生社会を作れる。

製造メーカーは ←     


Value-Created on your business.
イーヴェリービジネス企画 合資会社
東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
お問合せは こちら
顧客満足の価格戦略TOP