製造メーカー 採用後の展開 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組み
誰も見えない Value-Created on your business.
採用後の展開    価値創造支援サイト
1.店舗の運営はロイヤルティ顧客の創造が期待できます
2.NetShop運営他店との「価格競争」はありません
3.顧客の生活は顧客のライフスタイルはどのように
4.製造メーカーは製造メーカーの商取引慣行は
5.地域社会は共生により活気ある地域に

製造メーカーは

   イーヴェリービジネス企画 合資会社   HOME
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

顧客の生活は ←  4.製造メーカーは  → 地域社会は

製造業界において今何が起こっているのか?
価格競争は何のメリットもありません。それよりも「業者の取引実績を正当に『評価・格付』をする事」です。

  1.複雑化した商取引慣行の改善策?

卸売・小売業の業者の過度の価格競争は益々商取引を複雑化します。

 1.製造メーカーの現況    差別化の欠落      -商品価値の創造-

1.リベートや返品の商取引慣行により、実際の需要動向を把握し辛くなっている
2.系列店舗の販売では売上が伸び悩んでいる為、値引戦略で差別化を図っている

これは「販促策のリベートや返品の商慣行が裏目に出、安易な値引販売に陥っている」からです。原因は公正な自由競争の為のを求めず「安易に価格競争をする」為です。

次に製造メーカーの課題について考えてみたいと思います。詳細はメーカーの課題を参照下さい。

 2.製造メーカーの3大課題    商取引慣行の改善      -収益性の回復-

1.SCMの観点からリベートの簡素化等商取引慣行の改善を図りたい
2.メーカー間の過当競争を回避し、商品売上を着実に延ばしたい
3.物流コストを始めコストの削減を図り、売上高より利益増の収益性を向上したい

現況の解決には得てして「商品力のパワーアップ」に目が行きがちですが、実は商品力もさることながら、これを支える基本的な仕組み(ビジネスモデル)が非常に重要です。つまり

 3.解決案

業者の利用実績を正当に評価し 業者を利用格付する仕組み

が要点であり、その結果、貴社は「業者別販売価格により業者に対して十分な価格満足度を与え、『顧客(業者)の囲い込み』が可能」と成ります。 この仕組みが

 「他社との『商品価値の差別化』を最大化でき、『貴社の価値創造』を実現する」事が出来ます。

 これが今求めている「21世紀に生き残れる他社との競争では無く共生できる『解決策』です。


  2.製造メーカーの運営は如何に?

それでは企画採用後の製造メーカーではどのような展開となるかを見ていきましょう。

 1.製造メーカーの事例

基本的には運送・製造メーカー等の繰返し取引のある業種も小売業同様、業者を識別する事になり、各社の自社システムに適用する事になります。
業者別取引実績を情報開示された基準の下で正当な評価をする事により、過当競争の無い公平な取引となり、公正な自由競争が可能と思われます。
又事業部、部門別等の多岐に亘る製品を取扱う場合には科目分類を使用することになると思われます。

 2.製造メーカーはどんな輝き?

  • 卸売・小売業の利用実績の公平な評価・格付により商取引慣行の改善が進みます。
  • 仕組みの開示により製造メーカーが業者より信頼されます。
  • 特売販促策を無くしても、平生の取引増で製造メーカーの活性化が期待できます。
  • 浮動客ではなく、ロイヤル顧客の増加により製造メーカーが活性化が期待できます。
  • 販売価格、利益の適正化により製造メーカーと卸売・小売業者が共生できます。
  • 商品価格の値崩れがなくなり、近隣店舗間の共生により、地域の活性化が図れます。
  • 流通系列化からの自立で、過当競争より開放され店舗独自戦略で地域が繁盛します。

     3.製造メーカーにどんなメリット?

  • 過当競争がなくなり出荷価格の安定により収益性が期待できます。
  • 平生の取引で需要の平滑化となり人件費等経費削減に繋がります。
  • 三無方式で販促費の逓減により運転経費の低減となります。
  • メーカーー卸売業ー小売業間の公平な実績評価によりリベートの透明化となります。
  • 店舗の固定化により流通系列メーカーから全メーカーへと販売機会が増えます。
  • 値頃感とは関係なく旬の商品(食材・服飾・新製品等)が益々流通します。
  • 上記期待効果により収益性向上が期待できます。

     4.製造メーカーはどう変わる?

  • 格付販売価格の為、特売セールを意識する事無く、平生から需要が増えるようになります。
  • 需要の平滑化により生産ラインが安定操業となり生産性が向上します。
  • 平生の利用で需要の平滑化により業者への応援要員の派遣が少なくなります。
  • 需要の平滑化により業者への応援が少なくなり、本来の業務に専念できます。
  • 売上が商品のライフサイクルにあまり依存しなくなり、出荷商品が安定します。
  • 当用仕入により適正在庫となる為、メーカーの在庫も適正となります。
  • 商品の必要の認知から購入へ時期がほぼ一致する為、売れ筋商品の明暗が顕著に判ります。


    この仕組みで、顧客満足の最大化により、下記のような定性効果が期待出来ます。

      3.製造メーカーの7大メリット ホンモノの商取引 説明は>>-需要の平滑化-

    1.自由競争での公平な評価・反映で商取引慣行の改善
    2.卸売業・小売業界の活性化により受・発注量の増加
    3.無系列・注文実績に応じ、業者別価格で販売意欲増
    4.需要の平滑化によるラインの安定操業で生産性向上
    5.顧客ニーズと真の需要動向把握で消費者の心を掴む
    6.ライフサイクルに依存せず、創意工夫の適正なモデルチェンジ
    7.需要形態の正常化で出荷価格安定とリベートの簡素化
    ===⇒   製造メーカーの商取引慣行の改善が期待できる

      4.結論

    業者の利用実績の正当な評価により商取引慣行の改善が可能です。

    顧客の生活は ← → 地域社会は    


    Value-Created on your business.
    イーヴェリービジネス企画 合資会社
    東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
    お問合せは こちら
    顧客満足の価格戦略TOP