お客の生活 採用後の展開 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組み
誰も見えない Value-Created on your business.
採用後の展開    価値創造支援サイト
1.店舗の運営はロイヤルティ顧客の創造が期待できます
2.NetShop運営他店との「価格競争」はありません
3.顧客の生活は顧客のライフスタイルはどのように
4.製造メーカーは製造メーカーの商取引慣行は
5.地域社会は共生により活気ある地域に

顧客の生活は

   イーヴェリービジネス企画 合資会社   HOME
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

NetShop運営 ←  3.顧客の生活は  → 製造メーカーは

下記は各立場から見た当事者間のWin-Winの関係の想定の期待効果です。

  1.生活者はどちらの店舗に満足しますか?

ここで貴方にお尋ねします。
「いつも日替わり目玉商品で特売セールをしているお店」と
「特売セール等の販促策が無いが、地道に利用している顧客の利用実績を正当に評価するお店」
の2つの最寄品の店舗があった場合、生活者はどちらの店舗を利用すると思いますか?

 1.顧客の現況    差別化の欠落      -店舗価値の創造-

1.生活者は各店の目玉商品を日替わりで買い回る浮動客になっていませんか?
2.ポイント・カード・システム導入済店舗で常連客と一般会員客とで公平な格差がありません

この原因は「消費者の中の選ばれた貴方に魅力的なが店舗に無い」からです。故に顧客の共感を得る為、「他店との差別化競争をする」事になります。

 次に顧客の不満について考えてみたいと思います。詳細は顧客の不満を参照下さい。

 2.顧客の2大不満    公平な評価      -顧客満足-

1.小売店は商品毎に利益額(マージン)を設定する為、商品の価格は全ての顧客に対して一律です。つまり小売店は、お得意客と一見客を区別する事なく同一価格で商品を販売することになり、お得意様に対して価格面で十分な満足度を与える事が出来ていません。
2.小売店が顧客に対して開示するのは商品価格のみである為、小売店の設定している利益額は顧客には不明であり、商品価格の妥当性について十分に満足度を与える事が出来ていません。

現況の解決には得てして「販促策」に目が行きがちですが、実は店舗を取り巻く環境条件を除けば、基本的な仕組み(ビジネスモデル)が一番重要です。つまり

 3.解決案

顧客の利用実績を公平に評価し、顧客を利用格付する仕組み

が要点であり、その結果、貴店は「個客別販売価格により顧客に対して十分な価格満足度を与え、『顧客の囲い込み』が可能」と成ります。

当仕組みが 他店との『商品価値の差別化』を最大化でき、『貴店の価値創造』を実現する 事が出来ます。

これが今求めている「21世紀に生き残れる他店との競争では無く共生できる『解決策』です。

 4.賢い生活者はどちらの店舗を利用するでしょうか?

さてここで冒頭の設問についてですが、
 1.「いつも日替わり目玉商品で特売セールをしているお店」と
 2.「特売セール等の販促策が無いが、地道に利用している顧客の利用実績を正当に評価するお店」
の2つの最寄品の店舗があった場合、生活者はどちらの店舗を利用すると思いますか? それではそれぞれ見てみますと

 「朝一番に日替わり目玉商品のを買物に行く」の1.を選択した方は経済的観念のシビアな締り屋さんですが、特に目玉商品の限定数によっては、当日の予定行動の中では最優先順位に調整する必要が出てくる事から、自ずとスケジュールの段取り上手となり、時間に追われた生活を送る事になります。
 将来的にはちらしの目玉商品により日々の予定を時間に拘束されない自身のライフスタイルを見なおし、今一度貴方自身の納得したMYライフスタイルを見直し、充実した生活を送りましょう!

 「平生の利用実績を評価する店舗の方が後々買得だ!」と2.のこちらを選択した方はかなり堅実的な考えの持ち主、長期的な最寄品の買物の場合は確かに地道に実績を積上げた結果を公平に購入価格に反映されるのなら、平均購入価格が廉くなる為、こちらが割得ですし、又自身の予定を優先したスケジュールで行動でき納得できるライフスタイルの日々を送れると考察できます。

「アイや暫らく、暫らくお待ちアレェ〜〜」
世の中そんな単純な事はありませんよね!!!
もっと賢い方法があるとしたらどうでしょう!

 「殆どの通常価格の商品については2.の新方式の店舗を利用し、又こだわりの特定商品や特定メーカー品が1.の従来型の店舗で目玉商品(仕入価格より販売価格の廉い逆ザヤ商品)として売り出されている時はそれを購入する」
と3.「特売の商品によりどちらを選択するかケースバイケースで使い分ける」と第三の方法で買物をする方なら生活知恵の長けた柔らかい頭の持ち主と思います。

というのも生活圏の最寄店数店舗の特売品は全アイテムの多くて10〜20%も無い訳ですから、残り80〜90%は最寄店の通常価格で販売されている事になります。
目先の利く賢い生活者は時勢の流れを旨く読み取り、ライフスタイルをそれに合わせ、自身を旨く同化させています。
これが生活の知恵というものですよね!


  2.顧客の生活は如何に?

それでは貴店の商品価値を最大化する仕組みで貴店の状況は如何に成るでしょう?
仕組みを導入すると、顧客の生活はどのようになるか具体的に検証してみましょう!

 1.顧客の生活はどんな輝き?

  • 格付は顧客自身の利用実績に応じ決まる為、貴方の利用次第で成果が上がります。
  • 店舗環境に束縛されず、顧客自身主体の生活リズムによりMYライフスタイルを満喫できます。
  • 商品の購入では廉い「折込の目玉商品」でなく、貴方の本当に欲しい商品の選定に集中できます。
  • 今晩のメニューは「折込の特売品」をベースではなく、家族の好物がメインディシュとなります。
  • 顧客個別の入学・就職・結婚等の節目に買物を楽しめます。

     2.顧客の生活にどんなメリット?

  • バーゲンハンター等安売りの予定値引分が価格に含まれないので本来の利用価格となります。
  • MY店舗として固定する為、従来店舗選定していた時間が不要となりその時間を有効活用できます。
  • 利用すれば利用するほど格付がアップし、廉い分得した気分に満喫できます。
  • 平生の利用でお客は平滑化される為、待たされる事もなく効率よく買物ができます。
  • 旬の商品(味・服飾・新製品等)を値頃感が出るまで様子見せずに、適正な個客別価格で購入できます。

     そこには業者本位における過当競争とは無縁の顧客本位価格のみ存在します。商品のライフサイクル要素があるとすれば仕入価格が逓減すること位です。衰退期に当たる商品ならば業者本位の店舗で購入する方が割安に買えるかもしれませんが(但し利用実績という面から見た場合は他店では評価の対象外ですが)、逆の見方をすれば旬の商品や流行の商品ならば顧客本位で購入される方が割安で手に入るのは明らかです。
    つまり現行の業者本位では新商品が市場にリリースされても値頃感が出て、こなれるまでタイムラグが存在しますが、新顧客本位では顧客自身の格付手数料率で購入できる為、商品の人気度が素直に表れます。このように旬の商品をリーズナブルな価格で手に入るという理由により、市場の需要のバロメーターとしても判断が出来る事になります。

     3.顧客の生活はどう変わる?

  • 特売セールを意識する事無く、格付販売価格の為、平生から利用するようになります。
  • 平生から過剰購入・買い溜めをせず、必要な商品を必要量、購入するようになります。
  • MY店舗として固定化することにより、希望商品のMYリストの計画的取寄せ注文が増えます。
  • 店員と顔なじみとなり、商品選定の相談即購入やクレーム・要望が言い易くなります。
  • 取寄せた商品が納品されると、店舗よりメール・電話等で案内によりお買物に出向く事になります。


    この仕組みで、顧客満足の最大化により、下記のような定性効果が期待出来ます。

      3.顧客の7大メリット ホンモノの顧客満足 説明は>>-MYライフスタイルの創造-

    1.必要品を・必要時・必要量・適正価格(JIT)で顧客満足を叶える
    2.価格内訳等情報開示でお客の心を掴み店舗への信頼感増加
    3.顧客の実績評価により、一見客との格差の公平性が図れる
    4.MY店舗として顧客購買代行による取寄せ注文で利便性向上
    5.旬の商品を二重販売価格ではなく個客別価格で購入可能
    6.顧客の過剰購入・買溜めが無くなり購買量の適正化が図れる
    7.自由時間の創造や顧客の節目サービスでMYライフスタイルの創造
    ===⇒   顧客の購買意欲の向上が期待できる

      4.結論

    地道に利用している顧客の利用実績を正当に評価すれば公正に貴店も報われます。

    NetShop運営 ← → 製造メーカーは    


    Value-Created on your business.
    イーヴェリービジネス企画 合資会社
    東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
    お問合せは こちら
    顧客満足の価格戦略TOP