店舗の運営 採用後の展開 顧客満足の価格戦略 商品価値を最大化し顧客満足を叶える独自の仕組み
誰も見えない Value-Created on your business.
採用後の展開    価値創造支援サイト
1.店舗の運営はロイヤルティ顧客の創造が期待できます
2.NetShop運営他店との「価格競争」はありません
3.顧客の生活は顧客のライフスタイルはどのように
4.製造メーカーは製造メーカーの商取引慣行は
5.地域社会は共生により活気ある地域に

店舗の運営は

   イーヴェリービジネス企画 合資会社   HOME
Copyright © since 2004 E_Very Business Planning Inc. All Rights Reserved.

        1.小売店舗の運営は   →  NetShop運営

「+α」の仕組みが顧客の共感を得ます。

  1.販売価格は”一律価格”ではなく”個客別価格”だからです

貴店は他店を差別化する「Only One 」を何かお持ちですか?

 1.店舗の現況    差別化の欠落      -商品価値の創造-

1.「商品の品質には自信がある」が全然売れない
2.「他店に負けない価格設定をしている」のだが一向にお客が増えない

この原因は「商品力が他店より劣っているのではなく、顧客に魅力的な』の仕組みが無い」からです。故に顧客の共感を得る為、この何かを求め「他店との差別化戦略として価格競争をする」事になります。

 次に店舗の課題について考えてみたいと思います。詳細は店舗の課題を参照下さい。

 2.店舗の3大課題    過当競争の回避      -収益性の回復-

1.店舗に忠実度の低いポイントカード会員客をロイヤル顧客へと格付の向上を図りたい
2.店舗間の過当競争を回避し、商品売上を着実に延ばしたい
3.コストの削減を図り、売上高より利益増の収益性を向上したい

現況の解決には得てして「商品力のパワーアップや販促策」に目が行きがちですが、実は店舗を取り巻く環境条件を除けば、商品力もさることながら、これを支える基本的な仕組み(ビジネスモデル)が非常に重要です。つまり

 3.解決案

 この解決策は
顧客の利用実績を正当に評価し 顧客を利用格付する仕組み

が要点であり、その結果、貴店は「個客別販売価格により顧客に対して十分な価格満足度を与え、『顧客の囲い込み』が可能」と成ります。

本仕組みが 他店との『商品価値の差別化』を最大化でき、『貴店の価値創造』を実現する 事が出来ます。

 これが今求めている「21世紀に生き残れる他店との競争では無く共生できる『解決策』です。


  2.業種・業態の事例

それでは企画採用後小売・サービス業ではどのような展開となるか代表的な業種を具体的に見ていきましょう。基本的にはどの業種・業態もIDカードを発行し、顧客を識別し、顧客管理及び販売管理システムの改修をする事になります。

 1.一般小売業

百貨店・商店・専門店・量販店・スーパーマーケット等の一般小売業では平生の利用実績を加味した価格付けを行い顧客・販売管理システムで顧客の識別により適用する事になります。一番オーソドックスな適用事例となります。

 2.商店街・ショッピングセンター街・専門店街

商店街・専門店街等の独立した小売業が集約したモールでは上記小売業と同様販売管理システムに適用する事になりますが、百貨店と同様他店舗での利用時も含めて利用実績を評価する為、従来とは一味違った活気のある地域連帯で共生となります。

 3.サービス業・飲食業

クリーニング・理美容・喫茶店・飲食店・レンタルビデオ/CD等のサービス業では競合店との差別化が特に有効な業種です。特別に他店と差別化できる技術があるとか他店のメニューにない料理が提供できるオンリーワン店舗なら、他店舗との差別化が容易ですが、上記システムを導入で対応するケースと一見客と固定客の混在するケースでは、プリペードカード方式を採用する事も可能で、これを購入する際に利用実績を加味料金となります。

 4.カーディーラー

現在のカーディーラーはメーカー系列販売が一般的です。つまり買換え時セールスマンは極力自社メーカーの少ない車種の中から選択し買い換えてもらうよう顧客に奨めることになります。しかしながら新顧客本位では顧客が利用する仲介ディーラーが従来の系列化ではなく独立型の店舗がMY店舗として徐々に増え、ここでは顧客の購入の相談やニーズに合った選定作業及びメーカー系ディーラーへ紹介し、取寄せ注文で購買代行する商売へと変貌します。つまり従来のように系列メーカーの車種をセールスするのではなく、顧客の要望にマッチした車種を全メーカーのカタログより選定し推奨後、顧客が気に入れば購買する形態に変わると思います。公正な値段で購入できる為メーカー間の過当競争も無く、顧客自身も直接メーカー系ディーラーから購入するのではなく、その利用実績が手数料率となる同一店舗をずっと利用する事になります。

 5.金融関係

他の業種と少し趣が異なるのは銀行・信金等の金融関係の業種です。他の業種では販売価格の設定に仕入原価に顧客手数料を加味した販売価格となっていましたが、金融関係の内の預金業務の場合は、預金の利息そのものが顧客手数料率(利率)で設定する事になります。ランクが上れば手数料率(利率)が増えることになります。この辺が他の業種と大変違った取り扱いになると思われます。
但し他の融資業務ではランクが上れば手数料率が下がり、長期にわたりお付き合いの顧客ほど優遇される事に成り、益々目先のインセンティブに釣られて他の金融機関に預け換え等しないロイヤル顧客となります。

 6.遊興娯楽関係

パチンコ・ゲームセンター・遊園地等の遊興娯楽関係の業種です。他の業種・業態と違う点は遊興娯楽に当り、まず楽しむ為の玉・コイン・乗り物券等を買い求める必要があります。その為これらを買い求める際に仕組みを考慮しなければならない事です。つまり夫々のゲームの為にはプリペイドカード方式を採用し、プリペードカードを購入する際に利用実績を考慮する方法です。その為、遊興娯楽依存症者、弱い愛好者にはある意味でよいお得意様のため、資金をつぎ込む中でも若干ではありますが少ない出費となります。

 7.中古ディーラー・リサイクルショップ・質屋関係

中古ディーラー・リサイクルショップ等の中古商品を取扱う関係の業種では特に顧客の利用実績を重視する新顧客本位の商売には適した業種です。従来の業者本位では中古の仕入れた商品が直ぐには売れず店頭に展示されている期間も含めての商品価値の買取価格ですが、顧客の利用実績で評価する方式になる為、従来とはかなり違った展開となるでしょう。


  3.貴店の運営は如何に?

それでは企画採用後どのような感動があるのかもう少し具体的に検証してみましょう。

 1.貴店の運営はどんな輝き?

  • 顧客の利用実績の公平な評価・格付により顧客より信頼されます。
  • 情報開示により顧客の心を掴み、固定客が増え、ロイヤル顧客の創造が期待できます。
  • 販売価格、利益の適正化により顧客と共生できます。
  • 商品価格の値崩れがなくなり、近隣店舗との共生により、地域の活性化が図れます。
  • 全メーカー取扱店として系列から自立し、過当競争より開放され店舗独自戦略により活性化します。

     2.貴店の運営にどんなメリット?

  • 特売品セールを無くしても、顧客の平生の利用増で売上アップが期待できます。
  • 平生の利用で需要の平滑化となり人件費等経費削減に繋がります。
  • 常態的販促策の三無方式で販促費の削減により運転経費の逓減となります。
  • 店舗の固定化により系列メーカーから全メーカーへと販売機会が増えます。(取扱商品が広がる)
  • 旬の商品(味・服飾・新製品等)を値頃感が出るまで様子見せず、顧客が買ってくれます。
  • 上記期待効果により収益性向上が期待できます。

     3.貴店の運営はどう変わる?

  • 特売セールを意識する事無く、格付販売価格の為、平生から利用されるようになります。
  • 売上が商品のライフサイクルにあまり依存しなくなります。
  • 購買代行による取寄せ注文の為、大量から適正(当用)仕入により不良在庫が無くなります。
  • 価格張替等単純作業が逓減し、相談・アドバイス等ホンモノの接客サービスがメイン業務となります。
  • 顧客本位の為、商品の必要の認知から購入へ時期がほぼ一致します。
  • 顧客毎の入学・就職・結婚等の節目時に多く利用されます。
  • MY店舗としての固定化により、御用聞きが復活し希望商品のMYリストの計画的取寄せ注文が増えます。
  • 個別注文増加に伴い、共同物流センターからの当用仕入によるJIT補充となります。
  • 顧客専属のアドバイザー店員が増え、商品選定の相談即購入やクレーム・要望が云い易くなります。
  • 取寄せた商品が納品されると、顧客へメール・電話等で案内により販売する事になります。


    この仕組みで、顧客満足の最大化により、下記のような定性効果が期待出来ます。

      4.店舗の7大メリット ホンモノの商売繁盛 説明は>>-ロイヤル顧客の創造-

    1.利用すれば利用する程、手数料率逓減でロイヤル顧客を創造
    2.実績の正当な評価・格付による個客別価格で過当競争回避
    3.平生の販促策が無い仕組みに共感し顧客の来店動機を刺激
    4.商品の必要認知と購入時期一致で、需要動向が即時判明
    5.需要の平滑化による仕入適正化で不良在庫無くコスト逓減
    6.系列から全メーカーへ販売機会増加で店舗の自立化促進
    7.作業からアドバイザーへホンモノの接客サービスにより商売繁盛
    ===⇒   店舗の収益性の向上が期待できる

      5.結論

    貴店の『商品価値』の最大化により『ロイヤル顧客』の創造が期待できます。

     → NetShop運営    


    Value-Created on your business.
    イーヴェリービジネス企画 合資会社
    東京練馬区練馬4-23-10 TEL & FAX 03-5946-5373
    お問合せは こちら
    顧客満足の価格戦略TOP